Home » Garasudama no Shoujo Tachi: Konosekai to Sukosidake Kotonaru Kannou Shousetu WhiteSheetsSelection by Shinoda Kaoru
Garasudama no Shoujo Tachi: Konosekai to Sukosidake Kotonaru Kannou Shousetu WhiteSheetsSelection Shinoda Kaoru

Garasudama no Shoujo Tachi: Konosekai to Sukosidake Kotonaru Kannou Shousetu WhiteSheetsSelection

Shinoda Kaoru

Published July 29th 2015
ISBN :
Kindle Edition
40 pages
Enter the sum

 About the Book 

その世界では「生物学的」処女性が政府によって無意味となるよう処置が規定されていた。女性は思春期を迎え、性的交渉が可能な年ごろになると、政府によってひそかに呼び出され、ある処置を受けた。処女膜が特殊ディルドによって切除されるのである。少女たちは、その処置に呼び出されると、その日を恐れと期待を持って待った。その当日、少女たちは緊張のうちにその処置が行われる場所に向かった。それを受け入れて、すこし大人になった少女たちは、性の世界に足を踏み入れてゆく。結果として、More その世界では「生物学的」処女性が政府によって無意味となるよう処置が規定されていた。 女性は思春期を迎え、性的交渉が可能な年ごろになると、政府によってひそかに呼び出され、ある処置を受けた。処女膜が特殊ディルドによって切除されるのである。 少女たちは、その処置に呼び出されると、その日を恐れと期待を持って待った。 その当日、少女たちは緊張のうちにその処置が行われる場所に向かった。 それを受け入れて、すこし大人になった少女たちは、性の世界に足を踏み入れてゆく。 結果として、その世界では高校生以上の女子はすべて非処女であった。だから彼女たちはより自由に男たちに躰を開いてゆくことがてきた。 そのかわりとして、処女性の象徴は、その処置を受けた際に少女に与えられるガラスの球体が担った。その球体は羞恥心の結晶と意識され、それを人に見せることが、極めてセクシュアルな行為と考えられたのである。 その世界で、ややオクテの少女有希枝がその日を迎える。有希枝はおののきながら、その裸体をオペレーターなる処置者にさらす。